スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

機動戦士ガンダム EXTREME VS. 攻略 基礎編?

2010.12.19 (Sun)
すさまじくお久しぶりです。
ガンダムvsシリーズは相変わらず続けているので攻略でも書いてみます。
現在少将になった瞬間から5連敗で大佐まで即落ちたかわいそうなこです。
それでは始めますw



このシリーズで使われるテクニックは↓になります。
http://www29.atwiki.jp/arcgundamvs/pages/82.html
その中でいくつか上げて注意点をまとめます!

①射撃ズンダ
NEXTの時からの基本スキル。基本だからこそ最重要スキルです。
BR→BD→BR→BD→BR
2000コスのガンダムでBR≫BR≫BRで147ダメージ。利点は↓
・ダメージソース
・ダウンが取れる

ダメージは当然として
ダウンを取る事はとても重要です。ダウン中は動けないため、2対1の数的優位な状況を作れます。

注意点は
・ブースト管理
・弾数管理
・射角

ズンダでダメージ、ダウンを取ることは重要ですがブーストを使い切って逆に着地を取られるようではアドバンテージを取れません。常にブーストを残すようにして確実にダウンを取りたい時以外は無理をしないことです。
弾数管理も重要です。理想は最低2発はBR弾数を残すことです。着地を取れる状況で弾がない場合、チャンスを逃すだけでなく、近距離の場合反撃を受ける可能性が高くなります。
BRには射角が存在し、射角外でBRを撃つと硬直が生まれるだけでなく、多くのブーストを消費し危険です。射角外の時も無理をせず、次のチャンスを待ちましょう。

②BD慣性ジャンプ(ブージャン)
近作で個人的に最重要ではないかと思います。動画は↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/21714190

wiki引用
BDの終わり際にブーストボタンを押すと、その一度だけ慣性を乗せて飛ぶことが出来る。
一度ボタンを離して再度ブーストボタンを押しても慣性は消えその場でぴょんと跳ねるだけになるので注意。
レバーをニュートラルで慣性のみの移動、レバーを入れ込むと慣性に加えて進行方向に加速する。
ボタンを押す長さ、レバーの入れ込みで高さ、移動距離を調整するのが基本。
しかし長く押しすぎると上昇しすぎたり、BDゲージがなくなるので注意。
また、ボタンを押している間はレバーを向けた方向に若干向き直る事が出来る。
ストフリなどの射角の広い機体では、慣性ジャンプ中に向き制御で後ろに飛びながら振り向き撃ちにならずにBRを打つなどの芸当も可能。

最初はうまく出来ないと思うので要練習。
ただ欠点として、誘導が切れるわけではないので軸によってはBRが当たったり、ケルディムのメインに打ち抜かれやすい。
相手の攻撃によって高さを変える、別軸へ切り返すなど工夫も必要。

慣性ジャンプになれれば大体の攻撃はこれで避けれます。慣性ジャンプの後はBDを少し残すことが需要で、
オーバーヒートさえしなければ隙は限りなく減ります。


後は動画見て練習!
今日は飽きたのでここまで。
スポンサーサイト
【編集】 |  01:21 |  ゲーム  | トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑

コメント

■承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2012.11.29(木) 20:06 |  | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。